直接働かなくても毎月収入が得られる不動産投資

不動産投資は四六時中張りついて管理をしていなくても、いったん軌道に来れば、投資した不動産が働いて「家賃収入」という安定的なインカムゲインをもたらしてくれます。

突然、病気で入院などしても安心です。

また、家賃収入は硬直性が高く景気の波に左右されにくいので、景気が悪くなってもすぐに家賃が減ることはあまりないのも特徴です。この点が他の投資と違う魅力の一つになっています。

また、節税効果を得ながら資産運用ができるのも良いところです。

不動産投資ではさまざまな節税メリットを享受できます。

相続税対策、所得税対策がその代表的なものです。とくに大きいのはアパートの減価償却費を経費にできることです。その他、管理科やローンの金利など賃貸経営に必要なものはすべて経費にできるわけです。

不動産投資ロケット戦略

また、青色申告による特別控除や欠損金の繰越控除、青色申告専従者給与も経費にすることができるのです。

これらの税務メリットを享受するためには、税務知識を深く理解することが不可欠ですね。逆をいうと、税務知識を備えておかないと不動産投資で成功する可能性は低くなってしまうので、しっかり押さえておきたいポイントです。



マグロは美味しくて健康にも良い

日本人が大好きなマグロ・・最近注目を集めているDHAやEPAなどの成分を豊富に含んでいるため、ヘルシーな食材としても人気があります。

なんと世界の漁獲量の約3分の1を、日本が消費しているというのですから驚きです。

そんなマグロのなかでも、最高級品とされているのが「本マグロ」です。別名「クロマグロ」ともいい、マグロのなかでは最も大型で、肉は鮮やかな赤色です。

コクのある味わいには、格別のものがあります。

漁獲量が少ないため高価なマグロですが、最近は安価な養殖ものもよく見かけるようになりました。若くて小型のものは「メジ」と呼ばれます。

マグロのなかでも高級品とあって、刺身や寿司ネタに使われることがほとんどですよね。家庭ではやはり刺身が一番ですが、たまには趣向を変え、ちょっとぜいたくに「ねぎま」にしてはどうでしょう。

ぶつ切りのねぎといっしょに醤油ベースの汁で煮る簡単な料理ですが、シンプルなだけに素材の旨さが際立ちます。

マグロはちょっと高いけど、おいしくて健康にも良い、素晴らしい食材ですよね♪



不動産投資をするなら賃貸情報サイトと現地調査で調べよう

Yahoo!不動産やアットホームなどで調べたい駅・条件で検索し、物件の数や家賃相場を調べます。検索結果に出てくる物件数が多ければ競争率が高いと言えそうです。

ただし、この方法では空室率はわからないので、実際に現地に行って調べる必要があります。

そして、近隣の物件を現地調査もいいでしょう。

直接、現地に行ってターゲットとするエリアを調査します。物件の地調査の際に合わせて行えばいいでしょう。非常にアナログな方法ですが、近隣のマンション・アパートの郵便受けや電気メーターを見て、住人の有無を確認して空室率を割り出します。

80戸あるマンションなら、そのすべての電気メーターを見て回るのはたいへんですので、集合郵便受けを見て、およその空室率を判断します。

不動産投資ロケット戦略

公示価格、路線価など、―つの物件に複数の価格が付けられる不動産。それぞれの価格の特徴や利用されるシーンを把握しておかなければならないわけです。

また、地価はそのまま家賃や物件の収益性に反映するわけではありませんが、将来的に値上がりしてくれたほうが売却時に有利です。自分が投資しようとしているエリアの地価動向を掴んでおく必要があるでしょう。



株もFXも投機禁止のルールを作ればいいのにね

銀行は顧客の注文を取り次ぐのはもちろん、自己勘定(銀行自身の資金)で外国為替取引を行って資金運用をしているのです。

銀行では外国為替取引を専門に行う「為替ディーラー」が外国為替市場で毎日、億単位のお金を動かしています。

為替差益を狙って短期的に巨額資金を動かすわけです。

FX市場には、投機マネーが大量に流れ込んできます。実は、実需筋と投機筋の資金流入量の割合は2対8といわれ、投機マネーが圧倒的に大きな影響力をもっているのです。

投機筋は為替差益のみを求めて巨額資金を短期的にある通貨から別の通貨へと移動させるため、為替相場を動かす大きな要因となっています。

FX相場が短時間に大きく動くことがあるのは、目先のニュースに投機筋が素早く反応し、頻繁に通貨の売買を繰り返しているからにほかなりません。

ドルなど単一通貨に連動させるよりも為替相場は安定するといわれていますが、中国は通貨バスケット制を参考にしている程度で、完全に移行したわけではありません。その後、2007年5月には上下の変動幅を0.5%に拡大しています。

中国が人民元の切り上げに踏み切ったのは、対中貿易で膨大な赤字を抱えている米国が切り上げを強く望んだからです。米国の貿易相手国の中でも対中国の貿易赤字額は最大で、2008年の米国の貿易赤字額6959億ドルのうち、対中国は約4割の2680億ドルに上ります。

宮﨑正のSDS【FXスーパーディーリングスクール】

ちなみに、対日赤字額は741億ドルで、中国の3分の1程度です。

経済力をつけた中国が、元安・ドル高を強みに安い中国製品をどんどん米国に輸出しているため、かつての日米のように貿易摩擦が起きているのです。



うつ病から抜け出せずに辛いです

最近は、うつ病から抜け出せずに辛いです・・

そもそも、ただ単に憂鬱なだけかもしれませんが、ここ最近ちょっとしたことで気持ちが滅入ってしまいます。自分のビジネスが上手くいっている時は、少しくらいのマイナス要因は何とも思わないのに、上手くいっていない時期は少しのことでもネガティブになっちゃいます。

これは働き過ぎなのかな?・・

でも、会社員時代に比べたら、社員やお客様と直接会う対人の悩みはないので、ストレスもないはずなんですが・・

スポーツをする、遊園地に行く、クラブで踊り明かす、旅行をするなどは、日頃と違う活動をすることにより、快感を得てリフレッシュするストレス解消法です。

楽しいので若いうちは、この種の解消法が主になるでしょう。ところが、この活動型の欠点は、活動するにもエネルギーを使ってしまうということです。

下園壮太の【うつ病改善プログラム】

うつ状態が深刻化しつつあるとき、苦しいので、これまで利用していたストレス解消法を試みるでしょう。そのときは楽しくてストレスを忘れることができても、結局その解消法をやったことでまた疲れを増やしてしまうのです。

そうならないように、気を付けないとですね・・



犬のしつけ相談を差し上げた方からのお返事

今日は、犬のしつけ相談を差し上げた方からお返事が二件届きました。頑張ってくれるキッカケになっただけでも嬉しいものです。

(1件目)
お世話になります。前回の相談の件で、家族と話し合い、私が自宅で留守番のトレーニングをすることにしました。今まで日中は家族と一緒に常に人のそばで過ごしていたので一人きりで留守番できるようになるか不安ですが、記事にあったように、まずは少しずつ一日数分を何度も繰り返しながら慣れさせて行こうと思います。

マニュアルを購入した当時の問題行為が大分改善されたので、他の面での、特に主従関係を徹底させる習慣づくりがおろそかになっていましたが、犬の幸せのためにも再度初心に帰って頑張ります。

ところで、サイト内の、サポート会員のみに公開されている記事・詳しい解説にはどのようにアクセスすれば良いのでしょうか。たくさんの記事がありますが、当面関係ないような内容でも、犬のしつけの心構えを学べると思うので、すべてに目を通して行きたいと思っています。よろしくお願い致します。

(2件目)
分かりやすいご指摘ありがとうございます。

早々に結果を求めるあまり、しつけにイラつく毎日でしたが、今は猛獣時代であり、正しくしつけをしていけば必ず良い子になるというお言葉にホッとしました。

これから長い付き合いになる愛犬ですから、みんなに愛されるように育ててあげたいなぁ~と考えています。また何か分からないことありましたら、質問させて頂きたくおもいます。よろしくお願いします。

犬のしつけを始める前に知っておくべきこと



日本を飛び立ったハトがカナダに到着

ニュースで見たんですが、すごい奇跡って起こるものですね(^-^)

日本で行われたハトのレースで、行方不明になってしまったハトがなんと6000キロも離れたカナダで発見されたそうなんです。

専門家の分析では、たぶん嵐か何かに巻き込まれて方向を見失ってしまったのでは・・という事でした。

ハトは普通600キロくらいしか飛べないようなんですが、貨物船か何かで休みながら飛行したんじゃないか・・ということでした。

それにしてもすごい生命力というか飛行能力ですよね。

日本の持ち主は、輸送代の高さからハトを受け取ることが難しいと判断したようで、カナダの協会が引き取ったそうです。そして、交配させて良いハトを作る計画だそうです。

能力の高いDNAを持っているハトですから、きっと良い子孫が生まれるでしょうね(^-^)

ペットはなんでも可愛いものです。私は犬を飼っていますが、ハトも飼ってみたくなりました。



ビタミンは大切なサポート役

ビタミンは炭水化物、脂質、たんぱく質などの栄養素の代謝をサポートする重要な働きがあります。生体膜を健康に保つ役割があり、免疫機能を高めたり、神経系の正常な活動にも欠かせません。

体内では合成できない必須栄養素です。

ビタミンの必要量は微量ですが、からだの機能を正常に保つ潤滑油のような働きがあります。ビタミンは13種類が知られ、いずれも体内で合成できないため、食品などからとらなければなりません。

ホルモンにも同様の働きがありますが、体内で必要量が合成されるため、ビタミンには含まれません。

ビタミンは水溶性と脂溶性に分類されます。脂溶性は体内に貯蔵できますが、水溶性は使われないと排泄されるので毎食補給が必要です。

また、脂溶性ビタミンは脂質とともにとると吸収率が上がりますが、水溶性は調理で失われるものが多いので、たっぷりとりたいものです。

ビタミンは野菜や果物、レバーなどに多く含まれます。

ビタミンをたっぱり摂って、心と体の健康をサポートしてあげてください。



脂質とタンパク質はバランス良く摂りすぎに気を付けましょう

脂質をとりすぎると肥満や高脂血症、動脈硬化になりやすいです。

脂質をとりすぎると体脂肪や血液中の脂質が増加し、肥満や高脂血症、動脈硬化などを招きます。そして脂溶性のビタミンが不足します。

効率のよいエネルギー源が得られないうえ、脂溶性ビタミンなどの吸収率が低下します。血管が破れやすくなって脳出血などをおこしやすくなります。

また、体脂肪が減ると生理不順をおこしたり、体温の維持が難しくなります。

たんぱく質はさまざまな形でからだを形成しますから大事です。

炭素、水素、酸素、窒素やイオウなどで構成されたアミノ酸が複雑に結合してできています。結合しているアミノ酸の種類や組み合わせによって性質や働きが異なるたんぱく質になり、筋肉や臓器などに使われます。

体内では常にたんぱく質の分解と再合成が行われており、一部は排泄されるため、食事で補う必要があります。

肉や魚介類などの動物性食品のほか、大豆や大豆製品にも多く含まれます。



犬の鳴き声の意味

子犬は母親の気をひくためにクンクン鳴きます。

おとなになってからそのように哀れな声で鳴くのは、寂しかったり、飼い主の注意を引きたいとき、あるいは門やドアを閉められて家族の活動に参加させてもらえないときなどです。

気分が悪かったり、痛みがあるときにもクーンクーンと悲しげに鳴きますが、これも注意を引く必要があるときのコミュニケーションの手段です。

通常うなり声は攻撃的な威嚇の声です。けれども、犬は「遊びのうなり声」と呼ばれる声をはしゃいだ身振りとともに発することがあります。