犬のしつけがQ&Aで分かる!というサイトがとっても役に立ちます

ポメラニアンのような小型犬は屋内で暮らすので、トイレトレーニングのしつけは肝心です。トイレをしつける上で重要な点は、トイレの定位置をポメラニアンにばっちりと教えることですね。

子犬が飼い主などを噛むタイミングというのは、「噛むのはいけない」という事をしつける最高の機会でしょうね。噛まないと、「噛むのはダメだ」というしつけを実践することが困難になります。

無駄吠えなどと言うものは、文字通り吠える必要などない際に吠えること、あるいは飼い主が吠えられたらトラブルになる状況にいながら吠えることなので、止めさせたいと思うのが当然です。

お散歩に出かけること、ご飯の時間、犬にとっては嬉しい時とか出来事は褒美の1つでもあるのでこれを考慮してイベントの時間より先にトイレのしつけ訓練をやってみるのも良いはずです。

愛犬が無駄吠えすることを中断したのを待ってから、ご褒美や賞賛の言葉をやるようにしましょう。吠えないという行動と報いを一緒にして、理解していくと思います。

犬の中でもラブラドールなんかは学習力があり、しつけ方が良ければ、それ相当の可能性を引き出すことも可能な、頼もしい愛犬になるとみられます。

例えどんな犬でも、しつけをしなくてはいけません。チワワの場合、充分に褒めあげることも大事なのです。笑顔をつくって接するようにして、ばっちりと可愛がってください。

子犬だったころに、しっかりと甘噛みはしてはいけないというしつけをしてもらわなかった飼い犬は、大きくなっても何らかのきっかけで強くはなくても誰かを噛むことをすることもあります。犬のしつけがQ&Aで分かる!というサイトがとっても役に立ちます。

もしも、昂ぶって噛む愛犬をしつけるような場合、イライラしないで、ゆっくりとして向き合うことが必要であって、ヒステリー気味にしつけようと試みても、非有効的かもしれません。

噛む犬をしつけたくても、噛まれたくないからできない、といった場合があるし、または、怒ってしまったりビックリさせられて、体罰を与えてしまった経験もあるのではないでしょうか。

役立つコツなどを利用して、子犬の頃からしつけを実践しておくと、その後の飼い犬のいる人生が、大変快適で、意義深いものになります。

怒らずにしつえしたいと思って、おとなしくさせるためにラブラドールを抱っこしてしまったり、撫でてはいけないのです。ラブラドールは「飛びついたら優しくしてもらえる」と思い込むからです。

ミニチュアダックスフンドの性質として融通のきかないところがあります。しつけの専門家を見つけるなどして、飼っているミニチュアダックスフンドに最も合ったしつけなどを尋ねてみることもおすすめであると思います。

噛むクセがある犬が、そうなってしまった理由を察知し、今までやってきた誤りの多いしつけ訓練を見直したりして、噛むような問題行動をしっかり克服していくべきではないでしょうか。

犬が吠えるといった根本的な問題を解消するしつけなのですが、クリッカーという器具を駆使して、要所要所で褒めることを重視してペットのしつけをしてみましょう。



完璧に犬のしつけをしておかないと噛む行為が長引いてしまう

子犬の柴犬に関していうと、成育する目的によってしつけ方法も違うのですが、ペットにするために育成する場合、生後6か月くらいまでにやれば、将来的に、柴犬と飼い主の関係に支障がなくなります。

仮に誕生間もないミニチュアダックスフンドであろうとも、家族に迎え入れた日から、いえ、迎えるための準備をする時点でしつけの行為はスタートします。

中には、動揺する飼い主を察知して、下に見る犬がいます。みなさんは平常心で犬が噛むのを止めさせるしつけを成功させるために、前もって心構えとか準備をするのが良いと思います。

ルールのある子犬期を過ごしていなかったという理由で、様々なトラブル行動を垣間見せる犬たちでさえ、最初からしつけを重ねる結果、最終的には問題行動が正されることもあるそうです。

もし、お行儀のとても良い犬と共にお散歩をしていたら、やはりうらやましがられます。それに周りの方たちにしつけの手順を紹介したりしたら、感謝されて犬のしつけのプロとして扱われるのは間違いないんじゃないでしょうか。

無駄吠えが少ない上、親しみやすく飼いやすい犬のラブラドールも、やっぱり大きな犬であるため、上下関係を習得するしつけを一番に、様々なしつけもきっかりとしましょう

成長した犬もトイレばかりかいろんなしつけも間違いなく出来るはずですが、しつけを始める前に迎え入れた犬が新たな環境に落ち着くということが先にあるべきです。

愛犬のしつけが行われていない場合、なんだかまるで餌を長期間もらっていないかのように、食べ物が欲しくてそこら中食べ物臭を嗅ぐような散歩に、最終的になってしまうでしょうね。

一般的な犬にとっては、「噛む」という行為は親愛の形の1つです。子犬期に甘噛みなどします。そういった時期に完璧にしつけをしておかないと、噛む行為が長引いてしまうと言います。噛む犬のしつけは最も重要になります。

柴犬の場合、しつけのトラブルで多いのは噛み癖らしく、成犬でも矯正可能ですけれど、本来は子犬としてしつけをすることにかなうものではないと言えるでしょう。

一般的にチワワを飼い始めて、まずやるべきなのはトイレのしつけですけれど、要領の良い子から悪い子まで、いろんなタイプの小犬がいるのは当たり前ですから、すぐにはできなくても気にせず落ち着いてしつけていくべきです。

当然ですが、本気を出してしつけを頑張れば、きっとミニチュアダックスフンドのような愛犬たちは、きちっと反応してくれるはずですから、しつけを頑張りましょう。

普通は子犬の場合、見返りを求めて鳴くことが多いです。でも、やり過ぎのしつけをしたら、「威嚇咆哮」になることさえあるみたいなので、気をつけてください。

神経質な犬は、大概の場合無駄吠えしたりすることが多くなるとみられています。この無駄吠えの原因は、身近な危険への予測反応とか、恐れのための錯乱状態のようなものと思われます。

子犬だったころに、キッチリと甘噛みをするのは許さないというしつけは未経験の愛犬は、成長期を過ぎても突然甘噛みのように噛むような行為が始まることもあると聞きました。



犬のしつけ相談を差し上げた方からのお返事

今日は、犬のしつけ相談を差し上げた方からお返事が二件届きました。頑張ってくれるキッカケになっただけでも嬉しいものです。

(1件目)
お世話になります。前回の相談の件で、家族と話し合い、私が自宅で留守番のトレーニングをすることにしました。今まで日中は家族と一緒に常に人のそばで過ごしていたので一人きりで留守番できるようになるか不安ですが、記事にあったように、まずは少しずつ一日数分を何度も繰り返しながら慣れさせて行こうと思います。

マニュアルを購入した当時の問題行為が大分改善されたので、他の面での、特に主従関係を徹底させる習慣づくりがおろそかになっていましたが、犬の幸せのためにも再度初心に帰って頑張ります。

ところで、サイト内の、サポート会員のみに公開されている記事・詳しい解説にはどのようにアクセスすれば良いのでしょうか。たくさんの記事がありますが、当面関係ないような内容でも、犬のしつけの心構えを学べると思うので、すべてに目を通して行きたいと思っています。よろしくお願い致します。

(2件目)
分かりやすいご指摘ありがとうございます。

早々に結果を求めるあまり、しつけにイラつく毎日でしたが、今は猛獣時代であり、正しくしつけをしていけば必ず良い子になるというお言葉にホッとしました。

これから長い付き合いになる愛犬ですから、みんなに愛されるように育ててあげたいなぁ~と考えています。また何か分からないことありましたら、質問させて頂きたくおもいます。よろしくお願いします。

犬のしつけを始める前に知っておくべきこと



犬の鳴き声の意味

子犬は母親の気をひくためにクンクン鳴きます。

おとなになってからそのように哀れな声で鳴くのは、寂しかったり、飼い主の注意を引きたいとき、あるいは門やドアを閉められて家族の活動に参加させてもらえないときなどです。

気分が悪かったり、痛みがあるときにもクーンクーンと悲しげに鳴きますが、これも注意を引く必要があるときのコミュニケーションの手段です。

通常うなり声は攻撃的な威嚇の声です。けれども、犬は「遊びのうなり声」と呼ばれる声をはしゃいだ身振りとともに発することがあります。



犬の入浴の注意点

入浴させるときには、犬を冷やさないよう注意します。暖かく、風のない場所で入浴させるとよいでしょう。

暑い時期には戸外で入浴させてもよいですが、お湯を外に運ぶのがむずかしいかもしれません。ふつうは良質の犬用シャンプーで充分ですが、犬の皮膚が非常に過敏であるときには、人間用シャンプー、あるいはベビーシャンプーのほうがよいでしょう。

被毛についたシャンプー剤を完全に洗い流すことが重要で、さもないと刺激があったりかゆくなったりします。長毛種では少量の犬用リンスを使うと、クシの通りがよくなります。

入浴後、犬に体を揺すって余分な水を振り払わせ、それからパイル地のタオルで水気をよくふき取ってやります。クシかブラシをかけ、完全に毛が乾くまで風の来ない暖かい場所に犬をおいておきます。



犬にフセを教える手順

最初に「フセ」と言い、手で合図を出します。こうすると犬には「フセ」という言葉に続いてい
つもの合図がくることが分かるので、「フセ」という号令と動作が頭の中で結びつくのです。

(1)「フセ」と号令する。(2)手で合図を出す。(3)イヌが正しい反応を返す。(4)間欠的にごほうびを与える。

この手順を何度も繰り返した後で、今度は言葉の号令だけを出して、犬が反応を返すのを待ちます。犬がフセをしたら、間髪を入れずクリッカーを鳴らし、ごほうびを与えます。

この場合も、最初のうちはなかなか思い通りの反応が引き出せずにイライラさせられるかもしれないです。しかし、この段階さえ乗り切れば新しい局面が開け、言葉の号令を出しただけで犬が確実にフセをするようになるので、とにかく最初のうちは犬がフセをするたびにごほうびを与え続けてほしいです。

犬が確実にフセをするようになったら、「フセ」という言葉の号令を強化スケジュールに乗せましょう。



犬のしつけで体罰が効かなかった例

子どもに飛びかかってなめ回す癖のある犬がいました。犬はこの行為を楽しんでおり、行為自体も強化子として作用していました。このような行為は犬の狩猟エネルギーを発散させ、「獲物」から素敵な悲鳴を引き出すことができるからです。

子どもの母親は最初きっぱりとした口調で「ダメ」と言ってこの行為をやめさせようとしました。しかし犬はすぐにこの口調に慣れてしまい、何の解決にもならなかったのです。母親のこの対応は、「もっとやれ!」と言って犬をけしかけるのと変わりなかったのです。

ある日この犬は、初めて父親の見ている前で子どもに飛びつき、顔をなめ回しました。これを見た父親はとっさに犬の首根っこをつかまえて床から持ち上げ、真正面から大声で「ダメ!」と叫んで犬のアゴにアッパーカットをお見舞いしたのです。

犬は慌てて逃げて行き、この経験が意味するところをじっくりと考えました。さて犬はその後何日かはおとなしくしていたが、やがてこの行動は不死鳥のごとく灰からよみがえったのでした・・



犬のしつけで合図に使う言葉

犬のしつけトレーニングでは「条件性強化子」といった分かりにくい言葉はなるべく使わないようにして、代わりに「ごほうびの合図」と言うようにするべきですね。

犬がごほうびに値する行動をとると、飼い主さんは自分で選んだ合図を使ってそのことを犬に伝えます。

以前は「グッド!」や「イエス!」といった言葉がごほうびの合図であったり、犬のしつけの指示になっていましたが、最近はクリッカーを使うことが多いです。

なぜなら、言葉の合図だとどうしても抑揚や声の大きさに微妙な違いが出たり、その時の感情が現れたりするのですが、クリッカーを使うと毎回カチッという特徴的な音を出すことができるからです。

また犬のしつけで合図に使う言葉は、普通の会話の中にも出てくるため、合図としての効果が半減してしまう恐れもあるからです。



犬の飛びつきのしつけの練習が進むと

犬の飛びつきのしつけの練習が進むと、犬は飼い主がいくら誘いかけてもけして飛びつかないようになります。この段階までくると、犬の頭の中では、飛びつけという合図がオスワリの号令としてインプットされているのです。

実にスマートなやり方ですね。こうすれば、飛びつきたいという犬の衝動を抑えると同時に、トレーニングの最中に誰かがわざと犬が飛びついてくるような状況を作ってトレーニングを台無しにしてしまう心配もなくなります。「大丈夫、私は犬がだ~い好きだから!」といって堂々とトレーニングの邪魔をしてくれる困った輩はどこにでもいるものです。

犬が飛びつくことを許したり、犬に飛びついておいでと呼びかけたりする人間が10人中1人でもいれば、その行動は消去されずに残ってしまいます。

だから飛びつく癖を抑える練習を徹底して、犬が誘いに乗らないようにしつけなくてはならないのです。



犬の分離不安の症状

もともとは、人間の幼児に見られる、親とひとときも離れられないという病的な感情や行動をいいます。それが最近、飼い主と犬との関係でも現れ始め、問題になっています。

犬の分離不安の症状としては、少しの時間でも飼い主がいなくなると、飼い主に取り残されたという不安をおぼえ、吠えたり、不適切な場所で排便・排尿をしたり、家具などを壊したりします。

単に犬のしつけが悪いと誤解されることも少なくなく、症状はどんどんエスカレートしてしまいます。いっしょにいるときは過保護に接し、出かけるときや帰ってきたときに、同じ言葉をかけたり抱いたりするなど、ある決まったパターンで犬に接していると、犬はかえってひとりぼっちにされると察知してしまいます。