FX市場で自国通貨が高いのは本当に悪いことか?

FX相場が円高(米ドル安)に進行するたびに日本経済の先行き懸念が高まり、円高は何かとネガティブに捉えられることが多いですよね。

輸出立国の日本にとっては、外国への売上代金(大半が米ドル建て)が円換算によって価値目減りしてしまうからです。しかし、自国通貨の価値が上昇することは、本当に悪いことなのでしょうか?

円高には良い面もあります。日本から米国への旅行者の例のように、自国通貨の円の価値上昇は外貨を安く賄えることを通じて、日本の外国からの購買力を高めるからです。

一般に、自国通貨の価値上昇は日本以外の多くの国々では、むしろ好ましいことと認識されています。

北田夏己の夢資金FX解説ホームページ

反面、自国通貨の価値上昇には悪い面も伴います。

海外から稼いだ外貨が、自国通貨に換算されると価値が目減りしてしまうからです。そこで、自国通貨高の局面で大切なのは、いかにメリットの方を享受するかになります。

日本の場合には、モノの輸出で被る“悪い円高”のデメリットを、輸入での“良い円高”のメリット享受でいかに挽回していくかということです。