直接働かなくても毎月収入が得られる不動産投資

不動産投資は四六時中張りついて管理をしていなくても、いったん軌道に来れば、投資した不動産が働いて「家賃収入」という安定的なインカムゲインをもたらしてくれます。

突然、病気で入院などしても安心です。

また、家賃収入は硬直性が高く景気の波に左右されにくいので、景気が悪くなってもすぐに家賃が減ることはあまりないのも特徴です。この点が他の投資と違う魅力の一つになっています。

また、節税効果を得ながら資産運用ができるのも良いところです。

不動産投資ではさまざまな節税メリットを享受できます。

相続税対策、所得税対策がその代表的なものです。とくに大きいのはアパートの減価償却費を経費にできることです。その他、管理科やローンの金利など賃貸経営に必要なものはすべて経費にできるわけです。

不動産投資ロケット戦略

また、青色申告による特別控除や欠損金の繰越控除、青色申告専従者給与も経費にすることができるのです。

これらの税務メリットを享受するためには、税務知識を深く理解することが不可欠ですね。逆をいうと、税務知識を備えておかないと不動産投資で成功する可能性は低くなってしまうので、しっかり押さえておきたいポイントです。