ビタミンは大切なサポート役

ビタミンは炭水化物、脂質、たんぱく質などの栄養素の代謝をサポートする重要な働きがあります。生体膜を健康に保つ役割があり、免疫機能を高めたり、神経系の正常な活動にも欠かせません。

体内では合成できない必須栄養素です。

ビタミンの必要量は微量ですが、からだの機能を正常に保つ潤滑油のような働きがあります。ビタミンは13種類が知られ、いずれも体内で合成できないため、食品などからとらなければなりません。

ホルモンにも同様の働きがありますが、体内で必要量が合成されるため、ビタミンには含まれません。

ビタミンは水溶性と脂溶性に分類されます。脂溶性は体内に貯蔵できますが、水溶性は使われないと排泄されるので毎食補給が必要です。

また、脂溶性ビタミンは脂質とともにとると吸収率が上がりますが、水溶性は調理で失われるものが多いので、たっぷりとりたいものです。

ビタミンは野菜や果物、レバーなどに多く含まれます。

ビタミンをたっぱり摂って、心と体の健康をサポートしてあげてください。